HOME雑誌WOC Nursing > WOC Nursing 19年5月号
WOC Nursing 19年5月号
A4変型判
2019年5月発行
価格:本体2,400円+税
ISBNコード:978-4-287-73066-9
全ページカラー印刷
特集的確なフットケアをめざして〜糖尿病神経障害,末梢血流障害,足の変形と痛みの基礎知識;フットケア外来でのチームでの対処法〜
企画編集/福井 聖(滋賀医科大学医学部附属病院 ペインクリニック科 病院教授/ 学際的痛み治療センター),山口雅之(滋賀医科大学医学部附属病院 看護部 副看護師長,糖尿病看護認定看護師/日本糖尿病療養指導士)
画像をクリックするとサンプルをご覧いただけます
目次[PDF 特集[PDF 特集[PDF 特集[PDF
 「糖尿病足病変」とは,神経障害や,末梢血流障害を有する糖尿病患者の下肢に生じる,感染,潰瘍,深部組織の破壊性病変と定義されています。
 「糖尿病足病変」は,糖尿病の合併症である,神経障害,網膜症,腎症,閉塞性動脈硬化症,脳卒中,感染,認知症,その他さまざまな合併症などから起こる全身状態や生活状況,セルフケア状況がリスク因子としてあり,そこに外因子が加わることで発症します。
 しかし「糖尿病足病変」は,重点的に指導すれば発症を予防できることから,平成20年度の診療報酬改定で,「糖尿病合併症管理料」が新設されました。
 「糖尿病足病変」を予防するため,全身状態や生活状況をアセスメントし,その患者に適した治療や,指導を含めたケアを行う必要があります。そのためには,患者を取り巻く看護師を中心としたチーム医療がとても大切になっています。糖尿病内科,循環器内科,神経内科,皮膚科,血管外科,整形外科,形成外科,麻酔科ペインクリニック科などの診療科から,看護師は慢性疾患看護専門看護師,糖尿病看護認定看護師,皮膚・排泄ケア認定看護師,糖尿病合併症予防研修を修了した資格を有する看護師から,病棟・外来・地域における看護師,理学療法士や義肢装具士などがひとつになり,関わる必要があります。
 チーム医療が今後の医療のキーワードになっていますが,そのなかでも,このような看護師,医師によるチーム医療は,今後の方向性であり,さまざまな分野で普及してくると思われます。
 問診や家庭や社会での生活の様子のインテーク,服薬指導,心身両面からのケアなど,看護師が中心となれば,多くの病院で普及していくと考えられます。また,在宅医療へシフトする時代において,コミュケーション能力にすぐれた看護師が,チーム医療の中心となって活躍していけば,クリニックレベルでも,さまざまな領域で大きな役割を果たしていくようになると想像しています。
 今回は,「糖尿病足病変」に携わるチームスタッフ,関連各科のエキスパートの先生方に,病態からさまざまな治療方法やケア方法まで,わかりやすく解説いただきました。今後病院・地域におけるフットケアに,本誌をご活用いただければ幸いです。

福井 聖
滋賀医科大学医学部附属病院 ペインクリニック科 病院教授/学際的痛み治療センター

山口雅之
滋賀医科大学医学部附属病院 看護部 副看護師長,糖尿病看護認定看護師/日本糖尿病療養指導士

1. 糖尿病から起こる足病変/池上隆太
2. 糖尿病治療の実際/卯木 智
3. 神経障害性疼痛と侵害受容性疼痛の薬物療法/西脇侑子・福井 聖
4. 足変形と免荷/池上隆太
5. 末梢動脈疾患と最新の脊髄刺激療法/坂元 博
6. フットケアにおけるチーム医療/河村光子
7. フットケアのアセスメント(神経障害・血流障害)/山口雅之
8. フットケアのアセスメント(履き物・変形)/山内光子
9. 保清・保湿・保温/山下亜希
10. フットケア外来における爪のケア/寺田恵理子
11. 胼胝・鶏眼ケア/岩﨑裕美