HOME雑誌循環器ナーシング > 循環器ナーシング15年12月号
HEART 13年11月号
循環器ナーシング 2015年12月号
SOLD OUT

2015年11月16日発売
A4変型判
価格:本体 2,000円+税
ISBNコード:978-4-287-86052-6
全ページカラー印刷

特集病棟と外来をつなぐ看護〜循環器ナースの取り組み〜

企画編集/仲村直子
画像をクリックするとサンプルをPDFでご覧いただけます
目次[PDF 特集[PDF 特集[PDF 特集[PDF
 今回の特集のテーマは,「病棟と外来をつなぐ看護」です。「病棟と外来をつなぐ」とありますが,読者の皆さんは循環器の外来にはどのくらい数の患者さんが受診され,どんな診療や看護が行われているかご存知でしょうか。循環器外来には何人くらいの看護師さんが勤務しているでしょうか。
 私は病棟で勤務しているとき,自分の病院の外来がどのようなシステムで,何人くらいの患者さんが受診されているのか,外来の看護師が何をしているのかまったく知りませんでした。患者さんが退院するときには看護サマリーを記入して,外来で継続してもらいたいことをあれもこれもとお願いしていました。自分が外来看護師になって初めて外来看護が大切だとわかっても,すべての外来患者さんにかかわれる時間なんてどこにもないということを知りました。
 循環器疾患は,治療をすれば完治する疾患ではありません。生活習慣や加齢が病気の進行にとても影響する病気です。だからこそ「病棟と外来をつなぐ看護」が重要なのだと思います。ただ現在の医療状況を考えると,そんなに簡単なことではありません。病棟では患者の高齢化に加え,在院日数の短縮により十分な退院指導が行えないまま患者を送り出しているのではないでしょうか。退院した患者を看る外来には,入院基本料の看護体制を維持するために看護師の数はごく限られており,外来看護を充実させたいと願っても,マンパワーの確保さえ困難な状況なのではないでしょうか。今回は同施設の病棟看護師さん,外来看護師さんに「病棟と外来をつなぐ」ための取り組みを執筆いただきました。施設の規模や人員などの紹介もしていただいていますので,読者の方の施設規模と近い取り組みを参考にしていただければいいかなと考えています。
仲村直子
(神戸市立医療センター中央市民病院 看護部,慢性疾患看護専門看護師)
特集
Ⅰ.
Ⅱ.


Ⅲ.


Ⅳ.


Ⅴ.


Ⅵ.


循環器外来の現状と課題〜循環器の外来看護のポイント〜/仲村直子
虚血性心疾患患者の病棟と外来をつなぐ看護
1)病棟編/望月ひとみ
2)外来編/武田真弓
開心術後患者の病棟と外来をつなぐ看護
1)病棟編/上 みゆき
2)外来編/橋本礼香
TAVIを受ける患者の病棟と外来をつなぐ看護
1)病棟編/福田光希子
2)外来編/德田照恵
急性大動脈解離患者の病棟と外来をつなぐ看護
1)病棟編/田頭美沙
2)外来編/藤本和美
心不全患者の病棟と外来をつなぐ看護
1)病棟編/戸田侑希
2)外来編/得松美月
連載
循環器疾患のキホン〜病態生理で読み解こう〜
・第4回 弁膜症/鈴木健吾